李朝の白磁

 

 

青みがかった白が美しい...

 

1392〜1910年の朝鮮半島の国「李氏朝鮮」。

17世紀頃にから青みがかった白磁が作られ、李朝後期には白くなっていったのだとか。

 

色絵のない白磁は潔くもあります。

底に着いた砂も特徴的。

味のある風合いが素敵です。