パリの蚤の市

 


みなさまの旅の参考になれば...

極私的感想を織り交ぜつつ...
パリの蚤の市をちょこっとご案内させていただきます。

パリでは毎週末、蚤の市が開かれております。
うらやましい環境ですね。
主だった蚤の市は以下あたりでしょうか。


●土、日曜 ヴァンヴ (パリの南端/メトロ13番線「Porte de Vanves」下車)
雑貨がお好きな方におススメです

●土、日、月曜 クリニャンクール (パリの北端/メトロ4番線「Porte de Clignancourt」下車)
パリ最大の蚤の市です

●日、月曜 モントルイユ (パリの東端/メトロ9番線「Porte de Montreuil」下車)
日用品やお安い古着などの市です

●火〜日 アリーグル (パリ中心より少し東/メトロ8番線「Ledru-Rollin」下車)
古道具より食品がメインな気がします


ヴァンヴ、クリニャンクールはまた後日...


というわけで、
モントルイユ Montreuil の蚤の市。

パリの三大蚤の市に数えられていますが、
並んでいるモノは洗剤や台所用品などの日用品、
1€〜の古着や5€〜の靴などお安い衣料品などが大半のようです。
中東辺りの方が多く住むエリアに位置するので、それらしい服も売っています。
あとは、古い工具やら古道具(中古品に近いでしょうか)やらが少し...という感じ。
「蚤の市でアンティークを」という方にはおススメできない感じです。
日本人には会いません。付近にお住まいの方のマーケットな雰囲気でしょうか。
「日用品やらも見てみたい」「プチプラの古着を掘りたい」「とにかく掘り出したい」
という方は楽しめるかもしれません。そこそこ広さもあります。
ちなみに朝10時頃に行くとお店は全部開いている感じです。
地域的に治安はよろしくないと思うので、訪れる方はそれなりでお願いします。

アリーグルの蚤の市は、
古道具エリアがそんなに広くないので今回は行きませんでしたが。
色とりどりの野菜のお店などがたくさん並んでいて、
お好きな方はワクワクする雰囲気でしょうか。
場所が「バスティーユ」の隣駅で中心部に近いので、
街歩き前に立ち寄るのもよいかもしれませんね。


極々私的感想の情報ですが...
またヴァンヴやクリニャンクールなどの蚤の市についてもつらつらお届けする予定です
興味のある方はお付き合い下さいませ