パリ 国立自然史博物館 Grande Galerie de l'évolution

 

 

パリ随一の極私的癒し空間。

 

人それぞれ「癒し」とは違うもので...

私の場合は、博物館がそれです。

 

パリ5区にある国立自然史博物館。

植物園や動物園もある広大な敷地の中にあります。

その中のひとつ、「Grande Galerie de l'évolution 進化の大ギャラリー」。

 

まず目をひくのは、三階まである吹き抜けの真ん中にいる動物たちの行進。

地階には海の生物たち、吹き抜けを囲む回廊にはそれぞれのフロアにたくさんの動物たちが並んでいます。

 

以前ご紹介したパリにある剥製の老舗「deyrolle」でも書いた気がしますが。

フランス人の剥製の扱い方は、本当に素晴らしく。

生き生きとした剥製やその遊び心のある陳列方法は、とても美しいです。

 

そして、この博物館の素晴らしさはまだまだありまして。

音響や照明で一日や天気の移り変わりを演出しているところでしょうか。

これはぜひ体感して頂きたいと思います。

 

さらに最後のお薦めポイント。

行進している動物たちの向かい側にカフェがあるのです。

館内をゆったり眺めながら、お茶が飲める...なんと気の利いた...博物館好きにはたまらないスペースです。

 

ちなみにお土産屋さんは、改札みたいな出口を通って出てから左手にあります。

グッズ等お好きな方はどうぞ。

 

熱く書いてしまった...

そう、現在のところ一番好きな場所かもしれません。

今回やっとカメラ持参で行ったので、紹介させて頂きました。

 

パリへお越しの際は、そしてお好きな方はぜひ。